スモークブロック
【防災コラム】 : 火災に備える
スモークブロックの必要性
火災で最も危険なのは呼吸困難に陥ってしまうことで、炎で焼け死ぬようなことはほとんどなく、 統計上では建物火災による死亡者の8割が窒息が原因で亡くなっている事実があります。
煙には一酸化炭素をはじめとした有毒ガスが含まれ、有毒な煙を吸い込むことで死に至る危険性が格段に高くなります。
火災から身を守るためには、防毒・防煙マスクを装備し呼吸の確保をするための備えが非常に重要です。

スモークブロック[フルフェイス]タイプは、安全に初期消火活動を行うために、言い換えれば「火に向かう」ために、[マウス&ノーズ]タイプは、呼吸を確保し安全に速やかに避難するために、言い換えれば「火から遠ざかる」ために用意された災害対策用品です。
ただし、火災に対して万能というわけではありません。誤った認識で使用することはかえって危険度を増す結果となってしまいますので、必ず状況に適した製品の用途を理解した上で、万が一の場合に備えるようお願いします。

初期消火の定義

阪神・淡路大震災における初期消火の重要性
発生した件数に対して初期消火を行わなかった場合を除けば、約40%が被害の拡大を食い止めることができている
初期消火とは、火災の早期消火被害拡大阻止のための基本的な活動です。
消火器や屋内消火栓設備などを用い、被害を最小限に抑えるために、短時間で素早く消火することが求められます。
初期消火活動は、「慌てず」「落ち着いて」行動するのがポイントです。
スモークブロック[フルフェイス]タイプは、この初期消火活動をより安全に行うための製品です。

初期消火の定義として、活動が可能な状況とは「天井に火が到達するまで」と一般的に言われています。
つまり、スモークブロック[フルフェイス]タイプを装備し、初期消火活動を行うことのできる限界点もおおよそこれに等しいとも言えます。
消火できるか不安な場合や、火がすでに天井に到達してしまっている場合には、決して無理をせず、現場に到着する消防隊にまかせ直ちに避難してください。
間違っても、スモークブロックを装備し燃え盛る火の中に飛び込むような行動は絶対にとらないようにしてください。
身の危険を感じた際は、安全な場所に避難することも重要です。

初期消火活動が可能であるか、あるいは速やかに避難しなければならないのか、を瞬時に見極めることは難しいことも事実です。
耐火建物の火災は、木造家屋に比べて空気の流れが少ないためだらだらと燃え、煙が大量に発生するのが特長で、炎が見えないことから逃げなくても危険はないと思われがちですが、防毒・防煙マスク等を装備せずに初期消火活動を行っていると、煙に巻かれてしまう危険性が高まります。
木造家屋の火災は、全焼に至るまで平均20分程度です。それらを念頭に置き初期消火活動を行ってください。

火災を防ぐという意味では、まずは火災を知ることから始めることも重要です。
本サイトでは、災害対策コンサルタントの目線で正しい火災の知識と、万が一出火した場合の対処方法などを解説していきます。