スモークブロック
防毒・防煙マスク スモークブロックについて
製品の特長
1.フルフェイスタイプが用意されていること (フルフェイスタイプのみ)
日本で唯一、高い耐熱性を持つ高性能フード型のマスクです。有毒ガスを含む煙の中でも視界を確保し、炎の熱から頭部を守ることができるため、初期消火活動や避難誘導に最適です。社員やお客様を安全に避難誘導する担当者や初期消火活動を行う担当者が、その責務を果たすためにも、フルフェイスタイプは必須といえます。
2.フィルターが3層構造になっていること

3層構造除毒システムスモークブロックは、フィルター、吸着剤、触媒という3層の構造になっているのが特長です。スモークブロックは、吸着剤で煙の中に含まれる有害物質などを除去しています。吸着剤が使用されていなければ、触媒に有害物質が付着してしまい、有毒ガスを無毒化する触媒の働きを低下させてしまいます。触媒の効果を最大限に発揮させるためには吸着剤が必須です。
触媒の効果が最大限に発揮できる条件を整えることで、後述のように長時間使用(20分)を実現しました。

日本の防毒・防煙マスクの公的な基準をクリアした、「財団法人日本消防設備安全センター評定合格品」の中で、吸着剤が使用されている製品はスモークブロックのみです。

3.10種類以上の有毒ガスに対応できること

防毒・防煙マスクであれば、どんな場面でも利用できる訳ではありません。なぜなら、有毒ガスに対応する薬剤が含まれていなければ、その有毒ガスを除去できず、直接吸い込むことになってしまいます。例えば、一酸化炭素に対応している薬剤が含まれていても、塩化水素に対応する薬剤が含まれていなければ塩化水素を除去できません。マスクをしているにもかかわらず、塩化水素を吸い込んで死亡する恐れがあります。
見た目は同じマスクを装着していても、含まれる薬剤の違いで、ある人は助かり、ある人は死亡するという全く違った結果となってしまいます。

建材や家具・日用品の多様化に伴い、発生する有毒ガスの種類も増加傾向にあり、弊社実験では10種類以上の有毒ガスが発生する結果が出ています。想定される有毒ガスを除去するためには、それらに対応する薬剤を使用したマスクが必要となります。
スモークブロックは、10種類以上の有毒ガスを除去する薬剤を使っています。

4.20分間使用可能
極限環境下にて20分間の使用が可能なマスクです。
フルフェイスタイプは、有毒なガスや煙が充満する危険な状況下で初期消火活動を行うために十分な時間の確保を可能にし、マウス&ノーズタイプは、危険な場所から安全な場所まで冷静かつ迅速に避難するために必要な時間を確保することが可能になります。
5.厳格なテストに合格
スモークブロックは、財団法人日本消防設備安全センターの複数の厳しいテストに合格しています。
    消防庁通達予248号基準に基づく(財)日本消防設備安全センター評定品  [1] 有害な煙や有毒ガスの除毒・除去性能をチェックする 防煙試験
     [2] マスクを装着した口周り部分の密閉度をチェックする 防護係数試験
     [3] 誰でも簡単に装着できるかをチェックする 装着試験
     [4] ガスや煙に対する目の部分の 保護機能試験
     [5] 着用した際に標識などが視認できるかをチェックする 視界試験
     [6] 素材が熱風・炎で熱くなっても人体に影響がないかをチェックする 熱気流・放射熱試験
     [7] 炎が直接当たった場合、どの程度の時間で穴が開くのかをチェックする 接炎貫通試験
     ※ フルフェイスタイプのバイザーは穴が開かない仕組みになっています
     [8] 炎が直接当たっても燃え広がらないかをチェックする 接炎燃焼試験
     ※ [4] 以下はフルフェイスタイプのみ

    [1][2] はマスクの高性能を裏付ける試験です。
    [3] は案外見逃されやすい点ですが、マスクをつけなければならないときはおおよそ緊急時と考えられ、平常時では簡単に装着できても緊急時に慌ててなかなかうまくいかないという事態を防ぐために、誰でも、どんなに慌てていても、極めて簡単に装着できるよう開発し、きちんと利用できるように工夫されています。高機能なマスクも装着できなければ全く意味がありません。
    フルフェイスタイプは、[4] 以下のテストで、視界が確保できるか、熱で燃えたり穴が開いたりしないか、人体に影響がないかなど、検査では様々な厳しい試験が行われています。
6.声が通りやすい排気弁
スモークブロックには、深くゆっくりと呼吸をした後に、しっかりと息を吐き出せるようにシリコン製の排気弁が取り付けられています。
排気弁の内部構造は、息を吸い込んだ際に有毒なガスや煙が逆流し入り込まないように逆支弁構造となっています。
また、排気弁を取り付けることでスモークブロック装着時でも声が通りやすくなっています。
特集:火災に備える [オフィスビル編]
火災に備える[オフィスビル編]
防災対策が万全と思われるオフィスビルで火災が起こる可能性、起こる理由、起こった場合の対処法など、災害対策コンサルタントの目線で詳解しています。


スモークブロック マウス&ノーズ